ロスカットの問題点

FXにはロスカットというものがあります。ロスカットというのは、一定の損失が出ると、証券会社の方で自動的に決済をしてしまうシステムのことを言います。
ロスカットというのは、自分の資金よりも圧倒的に大きな損失を出さないようにするための、いわばセーフティーネットということができます。実際、このロスカットを利用することで、想定内の損失で切り抜けることもできます。
しかしFXデイトレードでは、このロスカットが狭めに設定されていると、ただ損を出すだけの運用になってしまうと指摘しています。FXデイトレードでは、為替というのは常に変動するものという前提条件に立っています。
ですから、少しは損をするかもしれないが、ちょっと我慢をすれば、いい展開に変化をすることも十分に考えられるというわけです。ところが、そのいい展開に持ち込む前に勝手にロスカットをされてしまいますから、結果的には損をするというわけです。


Copyright © ロスカットの問題点※外為ジャパン.com All rights reserved